楽RUNのルーツ

「走ることにコツがあるのではないか?」

私自身は小学校のときにリレーの選手になることができず、その悔しさから中学校から陸上競技をはじめました。努力の成果もあり、中学校2年生からはずっとリレーの選手となり、高校以降は更に陸上競技にのめり込むようになりました。

冒頭の疑問はは競技を終えた大学3年時にふと頭によぎったものです。実は、陸上競技のトレーニングでは明確に足が速くなるコツのようなものがありません。

腕振りや腿上げ、姿勢などを中心にどの選手も行っているトレーニングはそこまで大差はありません。しかし、自分自身が経験した大きなスランプを超えるときは自分の中にはないコツを学ぶことで脱出しました。そうした経験もあって、「もしかしたら、もっとシンプルなコツがあるんじゃないか?」という疑問を感じ、走り方についての研究を始めました。そこから1年懸けて、現在の楽RUNの基礎となる雛形を作りました。

その後、2012年にランニングコーチとして独立する際に、この雛形をベースに、物理学と解剖学の観点から更に走りのコツを洗練させ、”30分でトップアスリートのような軽やかな走り方身につける”【楽RUNメソッド】としてまとめ、現在の指導のベースを確立。

その中でわかったことは走り方はセンスではなくコツだということ。つまり誰でも見に付けられるスキルだということです。自分は脚の速さは才能で、自分はこれ以上速くなれないんだ・・・ではなく、努力で速くなることができます。

楽RUNのポイント

楽RUNは、「走りの定義」の理解から入り、鍛えるポイントを3つの要素に分解してトレーニングすることで、理論と感覚の両方から学び楽に走れるコツを掴んでいきます。

走りの定義
  • 自分の体重(重心)を前にすすめる運動
  • 両足が地面から離れる瞬間がある運動
3つの要素
  • 姿勢(バネ)
  • タイミング(リズム)
  • 重心移動(バランス)

これらの知識と、要素を動きながら理解していくと、走りは自分が思っているよりも楽なものだと感じられるようになります。と、同時に自分がもっともっと速くなれる!という未来を実感できるようになります。

変化に特化した指導スタイル

走りはフォームで決まります、そしてフォームは癖であり、癖は思考=考え方で決まります。つまり、走りとはこういうものであるという思い込みからフォームが決まっていきます。楽RUNの指導はこの走りについての、それぞれの考え方を動作や質問によって紐解き、それぞれの課題の原因を明らかにし、改善・変化へ導きます。

変化をしないと成長はないので、徹底的に変化をすることにこだわります。ただ、変化は起きても成果や成長は継続をしていく必要があるので、予算やスケジュールに合わせて指導方法はご提案させていただきます。そのために「個別型」「教室型」「オンライン」「自習型」と4つの学びのスタイルを用意しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。